中嶋研究室 / Nakajima Lab​

 

東京大学大学院 情報理工学系研究科 情報理工学教育研究センター 次世代知能科学研究部門
東京大学 連携研究機構 次世代知能科学研究センター(AIセンター)(兼務)
東京大学大学院 情報理工学系研究科 先端人工知能学教育寄付講座(兼務)
東京大学大学院 情報理工学系研究科 創造情報学専攻(兼担)

Next Generation Artificial Intelligence Research Center (AI Center),
The University of Tokyo

Chair for Frontier AI Education, Graduate School of Information Science and Technology,

The University of Tokyo

Department of Creative Informatics, Graduate School of Information Science and Technology,
The University of Tokyo

東京都文京区本郷7-3-1

7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku, 113-8656 Tokyo, Japan

Email: k_nakajima[at]mech.t.u-tokyo.ac.jp

Information,

Dynamics,

Computation,...

 

Soft Robotics,

Physical Reservoir Computing,...

中嶋研究室へようこそ!

東京大学大学院情報理工学系研究科創造情報学専攻の研究室として発足しました。

中嶋研究室では、特任研究員、大学院生(博士課程・修士課程)を募集しています。

興味のある方は、メールにてご連絡ください。

Welcome to Nakajima Lab!

Our lab is diverse and interdisciplinary. 
Prospective students/postdocs are encouraged to email k_nakajima@mech.t.u-tokyo.ac.jp for more details.

Reservoir Computingに関する集中講義・講習等の依頼、受け付けています

ぜひメールでご相談ください。

Reservoir Computing Seminarを開催しています

毎週木曜日18時より、Reservoir Computing Seminarを開催しています。

Reservoir Computingを中心に、

ソフトロボティクス、カオス力学系、スピントロニクス、量子機械学習などの

研究発表やジャーナルクラブを行っています。

参加を希望される方は、メールにてご連絡ください。

現在は、zoomによる参加となります。

10月1日より後期のセミナーがスタートします。ご興味のある方はぜひメールにてご連絡ください。

2020/09/12

雑誌『WIRED』VOL.38「WANDERLUST 越境への欲望」にて、豊田啓介さんとの対談記事が掲載されます

info: https://v4.wired.jp/magazine/vol_38/

雑誌『WIRED』VOL.38「WANDERLUST 越境への欲望」、9月12日(土)に発売。

旅行熱/放浪癖などと訳される「Wanderlust(ワンダーラスト)」、その原義は「世界を探求したいという強い欲望」のことだ。人類は180万年ほど前にアフリカを出発すると、つい数カ月前まで、地球上を絶えず移動し続けてきた。いつの時代もワンダーラストはイノヴェイション(異種混交)とグローバリゼーションを誘発するものだった。

いまはここにとどまれと誰もが囁き、現状を受け入れろと世界が迫るときに、人類はいつだって、越境トランスすることで新たな風景リアルを紡いできた。「世界を探求したいという強い欲望」は、いまや次なるグレートジャーニーを準備する。2020年代における「ワンダーラスト」の意味を問い、その欲望の在り処と目的地を探る総力特集。

ジャスティーン・カーランド、塩浦一彗、Hundred Rabbits、Cabana、豊田啓介、暦本純一、西成活裕、中嶋浩平、宇川直宏、ジャッキー・ケニー、マイケル・ポーラン、宮内悠介、円城 塔、小川一水、野﨑まど、小川 哲、小野美由紀、伴名 練、北村みなみ、ヴィクター・ヴェスコヴォ、ジャン=マルク・カイミ、ヴァレンティナ・ピッチーニ、倉田哲郎、水野 祐、川田十夢、ほかが登場。
 

2020/09/27

BSフジ・ガリレオX「タコとイカ 異質な知性と体に秘められた謎」にて、タコ腕リザバーの研究が紹介されます

BSフジ
本放送:09月27日(日)昼11:30~12:00
再放送:10月04日(日)昼11:30~12:00

タコ焼きにイカそうめん、ダイオウイカの映像に、葛飾北斎の春画「蛸と海女」など、私たちはタコとイカに強い関心をもってきた。タコとイカは無脊椎動物でありながら、巨大な脳と高度な神経系による情報処理能力が異様に高く、実は宇宙からきた生物なのではないか?とまで囁かれている。長年にわたる飼育観察や、ゲノムの解読結果からも、タコとイカにはわれわれ霊長類とはまったく異なる「知性」と呼ぶべきものが備わっていることがわかってきた。一方、タコの腕の、柔軟でありながら効率的な動きに注目し、複雑で特殊な計算を高速でできてしまうシリコン製のタコ腕コンピュータが研究されている。多様な生物の体の構造に元々実装されている物理系の動きを、計算機構として利用しようとするものだ。  タコとイカの、奇想天外な知性と体の謎と、その応用可能性に迫る。


info page is here

Please reload

© Copyright 2020 by Kohei Nakajima. All rights reserved.

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • RSS Classic